ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「アサヒスーパードライ「おんせん県おおいた」ラベル寄付報告」

本文

知事通信「アサヒスーパードライ「おんせん県おおいた」ラベル寄付報告」

印刷ページの表示 ページ番号:0002049698 更新日:2019年1月19日更新

平成31年1月18日 

 アサヒビール株式会社は、本県が推進する「おんせん県おおいた」の活動に賛同し、地域に貢献する活動の一環として、商品売上1本につき1円を、大分県の観光振興を目的とした寄付を行う「おんせん県おおいたラベル」の商品を販売していました。今回販売期間が終了しましたので、寄付先である公益社団法人ツーリズムおおいたとともに、知事に報告しました。 

 アサヒビール株式会社大分支社長利岡万広氏より目録を贈呈された公益社団法人ツーリズムおおいた幸重綱二会長は「多額の支援、誠に感謝いたします。今回の寄付金は、宿泊施設におけるWi-Fi設備の充実に利用させて頂き、海外からの旅行者が大分の魅力を世界により発信しやすくなるよう環境を整えたいと考えています」と述べました。広瀬知事は「アサヒスーパードライという大きなブランドに「おんせん県おおいた」を宣伝していただけることは光栄の至りです。これからも「おんせん県おおいた」をよろしくお願いいたします」と感謝の言葉を述べました。   

 報告の様子 記念撮影

    

年月で探す