ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県職員表彰式」

知事通信「大分県職員表彰式」

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月23日更新

平成31年2月22日 

 日田土木事務所の職員が、人命の救助に尽力したとして知事から表彰を受けました。総務課の麻生武史主幹(総括)、企画調査課の江口大輔副主幹(総括)と田代博文主査は、事務所内で突然倒れた60代の男性に、共同して心臓マッサージを行い、自動体外式除細動器(AED)を取り付け救助を行いました。 

 表彰状を授与した広瀬知事は「率先して人命救助を行った皆さんは他の職員の模範となる存在です。皆さんの行動は県職員全体の名誉を著しく高めました。皆さんの存在は大変うれしく誇らしいです。今後のご活躍を祈念します。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。受賞者を代表して麻生主幹は「私たちは日田土木事務所で、安心・活力・発展の大分県づくりに日々邁進しています。日田市の大きな災害をきっかけに防災士の資格をとりましたが、今回はそれが役に立ちました。今後も受賞を励みに、地域の復旧・復興に全力で取り組んでいきます。今後もご指導をお願いいたします」と決意の言葉を述べました。     

   知事から表彰状を受け取る麻生主幹 記念撮影

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください