ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「海外メディア大分プレスツアー知事表敬」

知事通信「海外メディア大分プレスツアー知事表敬」

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月28日更新

平成31年2月27日 

 英国“Reuters News Agency(ロイター通信社)”をはじめとした海外メディアの記者5名がプレスツアーのために来県し、知事を表敬訪問しました。 

 Reuters News Agency記者ジャックタラント氏からの「今回のラグビーワールドカップにおいて、開催地の1つに大分県が選ばれた理由は何でしょうか」との質問に対し、広瀬知事は「大分県民はラグビーに対する関心がとても高く、署名活動も行われていました。収容人数約4万人、西日本一の規模を誇る大分銀行ドームの存在も大きいでしょう。また、大分県は観光地として多くの外国人観光客に足を運んでもらっており、日々、おもてなしの心で皆様を歓迎しております。しかし、ヨーロッパ・オセアニアから訪れる方は全体の2%です。今回を機に、より多くの地域の人々に大分を楽しんでもらいたいです」と述べました。     

 懇談の様子 記念撮影

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください