ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「第7回九州連合ホルスタイン共進会グランドチャンピオン等獲得報告会」

知事通信「第7回九州連合ホルスタイン共進会グランドチャンピオン等獲得報告会」

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月16日更新

令和元年12月26日

 「第7回九州連合ホルスタイン共進会」において、名誉賞およびグランドチャンピオンを受賞した県内酪農家が県庁を訪れ、知事へ受賞報告を行いました。

 出品牛が大会最高位のグランドチャンピオンを獲得した重見宝弘さん(玖珠町)は「ホルスタインの飼育はとても繊細で、健康状態に常に気を配る必要があります。今回の受賞は、些細なことを気にかけて飼育してきた結果が出たのだと思います。来年9月の県予選を目標に、これからも頑張ります」と挨拶しました。広瀬知事は「ホルスタインといえば北海道という印象がありますが、そのなかでの大健闘で、心からの敬意を表します。我が子のように心配し毎日見守り、『人馬一体』ならぬ『人牛一体』となって努力された成果が、今回の受賞に繋がったのだと思います。牛飼いの並々ならぬ情熱を感じました。来年も期待しています」とお祝いの言葉を述べました。

[受賞報告者]

●第11部名誉賞首席牛(グランドチャンピオン受賞)

 出品生産者 重見宝弘氏(玖珠町)

●第3部名誉賞首席牛

 出品生産者 馬場映介氏(九重町)

受賞者と知事が歓談している写真 集合写真

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください