ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「国際ロータリー第2720地区によるフェイスシールド寄贈式」

知事通信「国際ロータリー第2720地区によるフェイスシールド寄贈式」

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月18日更新

令和2年5月12日

 国際ロータリー第2720地区より、社会奉仕事業の一環として県にフェイスシールド5千枚をご寄贈頂くことになり、このたび県庁にて寄贈式が行われました。

 国際ロータリー第2720地区2019~2020年度ガバナーの瀧満氏は「少しでも地域医療に携わる皆様のお役に立てればと思います。今後クラブとしても精一杯協力していきたいと思います」と述べました。広瀬知事は「今回の新型コロナウイルス感染症拡大に際し、病院内での感染防止のための用品が底をついてしまうことを大変心配しておりました。今回、貴重なフェイスシールドを県にご寄贈頂き誠に感謝しております。大切に配布させて頂き、感染防止に使いたいと思います」と感謝の言葉を述べました。

知事にフェイスシールドと目録を贈呈している写真 集合写真

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください