ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「ライオンズクラブ国際協会337-B地区によるマスク・消毒液寄贈式」

知事通信「ライオンズクラブ国際協会337-B地区によるマスク・消毒液寄贈式」

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月18日更新

令和2年5月13日

 ライオンズクラブ国際協会337-B地区より、社会奉仕事業の一環として県にマスク1万枚と消毒液1千本をご寄贈頂くことになり、このたび県庁にて寄贈式が行われました。

 ライオンズクラブ国際協会337-B地区2019~2020年度ガバナーの森口孝行氏は「この度の新型コロナウイルス感染症拡大に際し何かできないかと考えて、熊本の酒造メーカーである高田酒造が製造している消毒液と、(一社)ライオンズクラブよりマスクを寄附することにいたしました。ぜひご活用頂ければ幸いです」と述べました。広瀬知事は「皆様には、日頃より地域への様々な奉仕活動にご尽力頂いております。この度は貴重なマスク・消毒液をご寄贈頂き、心よりお礼申し上げます。いま前線で新型コロナウイルス感染症対策を行っている医療機関で大切に活用させて頂きます」と感謝の言葉を述べました。

知事に目録を贈呈している写真 集合写真

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください