ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「豊後大野市朝地町綿田地区の復旧農地における田植えの報告」

知事通信「豊後大野市朝地町綿田地区の復旧農地における田植えの報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月18日更新

令和2年5月14日

 平成29年5月に地すべり災害があった豊後大野市朝地町綿田地区において、復旧した農地の引渡しが5月13日に行われました。この農地における田植えの再開について、豊後大野市長および綿田地区の皆様が知事へ報告を行いました。

 川野文敏市長は復旧に至るまでの経緯を説明した後「これまでのご支援心から感謝いたします。当時はどうなることかと思いましたが、よくぞここまで復旧できたと感慨深いものがあります」と述べました。綿田自治会長の板倉正直氏は「知事や市長が早急に対応してくださったおかげで立派な田ができました。また皆で力を合わせて農業を頑張りたいと思います」と喜びの言葉を述べました。綿田地区圃場整備換地委員長の後藤啓文氏は「これを糧に田植えに励み、秋にはぜひおいしいお米を届けたいです」と意気込みを述べました。広瀬知事は「復旧に至るまで本当にご苦労されたことと思います。ここまで復旧できたのは、市長や地元の皆様の頑張りと情熱のおかげです。心から敬意を表します」と述べました。

歓談している写真 集合写真

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください