ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「「父の日」知事への花束贈呈」

知事通信「「父の日」知事への花束贈呈」

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月22日更新

令和2年6月15日

 新型コロナウイルスの感染拡大により需要が低下した県産花きの消費拡大に向けて、「父の日」に花を贈る習慣を定着させるためのPR活動として、県内生産者が県庁を訪れ、これから最盛期を迎えるヒマワリの花束を知事に贈呈しました。

 JAおおいた東部事業部花き生産者協議会の河野俊二氏は、今年の販売状況について「今年は新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況が続き、4月~5月は例年の半値近くまで下がっていましたが、6月に入ってからは例年通りに戻ってきました」と説明しました。同協議会の阿部武利氏は「花を見て怒る人はきっといないと思いますので、この機会に花を愛でて県の皆さんに元気になってもらえればと思います」と述べました。広瀬知事は「この度は誠にありがとうございます。ヒマワリはとても元気が出る花ですね。県民の皆さんには、6月21日はぜひご家庭で花を贈って父の日を祝って頂きたいです」と述べました。

花束贈呈の写真 集合写真

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください