ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県とConnected Industries株式会社による連携協定締結式」

本文

知事通信「大分県とConnected Industries株式会社による連携協定締結式」

印刷ページの表示 ページ番号:0002117191 更新日:2021年5月24日更新

令和3年4月28日

 病児保育の利用促進や広域化・ICT化に向けて取り組むことを目的に、大分県とConnected Industries株式会社がこのたび連携協定を結びました。同社は病児保育予約システム「あずかるこちゃん」を開発・提供しており、今回の協定を通じて大分県における病児保育の推進にご協力いただきます。

 Connected Industries株式会社の園田正樹代表取締役は「産後うつや虐待などの問題に対して、私たちに何ができるのか考えるなかで『病児保育』に出会いました。保護者の方々にとって頼れる場所のひとつである病児保育がより身近になるような環境を作っていきたいです」と述べました。広瀬知事は「子育て世代の皆さんからいただくご要望のなかで一番強いのは『病児保育をもっと臨機応変に利用したい』というものです。病児保育の広域化は、子育て満足度日本一を目指すうえで非常に大事なポイントになりますので、ぜひお力をいただければと思います」と述べました。

園田正樹代表取締役が「あずかるこちゃん」の説明をしている写真 集合写真

    

年月で探す