ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「令和4年度『おおいた和牛』PR大使就任式の開催について~『おおいた和牛』推しプロジェクト~」

本文

知事通信「令和4年度『おおいた和牛』PR大使就任式の開催について~『おおいた和牛』推しプロジェクト~」

印刷ページの表示 ページ番号:0002117815 更新日:2022年7月11日更新

令和4年7月8日 

 大分県では、「おおいた和牛」のさらなる認知度向上を図るため、昨年一昨年に続き、今年も歌舞伎俳優の中村獅童さんに、「おおいた和牛」PR大使「おおいた和牛推し隊長」への就任をお願いしました。現在NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に梶原景時役として出演中の獅童さん、大使就任から3年目の今年、初めて大分県庁でPR大使就任式に出席しました。

 獅童さんは、おおいた和牛の特徴について、「サシがしっかり入っているが、しつこくなく、噛めば噛むほど旨みがあって、脂身が苦手な方にも喜んでいただけると思う。焼いても美味しいし、昨日はあぶった肉を握り寿司でいただいたが、とても美味しかった」とコメント。これからより一層、おおいた和牛のすばらしさを全国の皆さんに伝えられるよう、頑張っていきたい」と、おおいた和牛推し隊長就任の意気込みを語りました。獅童さんにとっては4年ぶりの来県とのことで、以前家族で訪れた別府の蒸し風呂が思い出深かったとのことです。そのときの思い出も交え、「大分はお肉もお魚も野菜も美味しい。水が良いからでしょうか。ここにいたら10キロは確実に太りそうです。牛肉は喉にも良く、歌舞伎はマイクを使わないので、舞台の前にはたくさんいただきます」と大分の食の豊かさを紹介してくれました。

 広瀬知事は、「獅童さんにおおいた和牛推し隊長に就任していただき、大変頼もしく思います。これからしょっちゅう大分にお越し下さい」と、今後のおおいた和牛PR活動に期待の弁を述べました。

いしょくじょう いしょくじょう

     


年月で探す