ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県立芸術文化短期大学在学生の日展特選受賞の報告について」

本文

知事通信「大分県立芸術文化短期大学在学生の日展特選受賞の報告について」

印刷ページの表示 ページ番号:0021178180 更新日:2022年11月22日更新

令和4年11月21日 

 大分県立芸術文化短期大学専攻科1年酒井華さんが、日本最大の総合美術展覧会「第9回日展」に出品した彫刻作品「ルームウェア」が特選を受賞し、知事に受賞報告をしました。

 今年の第3科(彫刻)出品数は85点、そのうち入選は66点、特選は7点ありました。中でも初入選で特選を果たす出品者は少なく、20代前半での特選受賞は特筆すべき事です。

 受賞した酒井さんは、「短大1年の後期から彫刻をはじめ、この作品は卒業制作展に向けて作りました。特に、服のしわを作る工程に興味を持ち、工夫をしながら制作しました。このような賞を取ることができ、とてもうれしいですし、支えて下さった先生や友人に感謝しています。今後は大学院に進学し、勉強を続けたいです」と話しました。

 広瀬知事は、「受賞おめでとうございます。私も迫力のある素晴らしい作品だと思います。先生方のご指導を得て、これからも制作に邁進して下さい」と受賞をたたえました。

 しゅうごうしゃしん

     


年月で探す