ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「口蹄疫等の防疫業務に関する協定書の調印式」

本文

知事通信「口蹄疫等の防疫業務に関する協定書の調印式」

印刷ページの表示 ページ番号:0000116917 更新日:2010年12月10日更新

平成22年12月9日

 口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザなどの発生の際、まん延防止に必要な措置を速やかに実施することを目的とした「口蹄疫等の防疫業務に関する協定書」の調印式が県庁で行われました。協定を締結したのは、(社)大分県建設業協会、大分県ペストコントロール協会、大分県動物薬品器材協会、大分県の4者です。知事は「この春から夏にかけて口蹄疫が発生した際には、いろいろとご心配をおかけしました。災害はいつ起こるか分かりません。事前に準備しておく必要性をつくづく感じましたので、今回の協定締結は大変心強く思っています」と述べました。

 調停式の様子  記念撮影

年月で探す