ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「農林水産研究指導センター研究状況報告」

本文

知事通信「農林水産研究指導センター研究状況報告」

印刷ページの表示 ページ番号:0000278215 更新日:2013年7月24日更新

平成25年7月24日

   大分県農林水産研究指導センターの研究員が、最近の研究成果として、「鉢物トルコギキョウ『チェリービー』の育成と商品化」と「大分県沿岸における有害赤潮監視と赤潮被害防止への取り組み」を、また、3年間研究を重ねた「海水中の鉄分が藻場の増殖に及ぼす効果に関する研究」について知事に報告をしました。
 知事は、「良い成果が上がっていますね。本日報告をいただいた全ての研究内容は、すばらしい取り組みであると感じました。大分県の農林水産業の更なる発展のためにも、引き続き研究に取り組んでいただきたい」と述べられました。

   知事への報告  知事への報告


年月で探す