ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県賞詞授与式及び受賞報告」

本文

知事通信「大分県賞詞授与式及び受賞報告」

印刷ページの表示 ページ番号:0000289427 更新日:2014年5月27日更新

平成26年4月23日

 県は、居合道・自転車・ウエイトリフティング各競技の大会で優勝した団体・個人に対する県賞詞の授与式を開催しました。受賞したのは自転車の日出暘谷・日出総合高校、同校の阿部将大選手、ウエイトリフティングの大分工業高校野中雅浩選手、大分県剣道連盟居合道部の2団体2選手です。

 授与式に先立って行われた優勝報告会では、自転車の阿部選手が「100%の力を発揮できました」、ウエイトリフティングの野中選手は「プレッシャーを乗り越えて波に乗り、成功することができました」、居合道の小坂選手は「知事をはじめ、多くの皆様のご支援のおかげで、2位に大差をつけて優勝できました」とあいさつをしました。

 授与式で、知事が「皆さん本当におめでとうございました。皆さんの活躍が大分県民に感動、勇気、自信を与えてくれました。皆さんの精進、努力に敬意を表しこれからのご活躍を期待します」とあいさつをしました。

 知事のあいさつに対し、阿部選手は「今年の国体ではチーム大分の誇りと責任を持って、一層努力します」、小坂選手は「今後もさらなる精進をしていくことを誓います」、野中選手は「インターハイ、国体も1位を取って3冠獲得を目指すので声援をよろしくお願いします」とそれぞれが決意を表明しました。

優勝報告会 授与式 授与式2


年月で探す