ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「災害時における被災者等の支援及び燃料の優先供給に関する基本協定 調印式」

知事通信「災害時における被災者等の支援及び燃料の優先供給に関する基本協定 調印式」

印刷用ページを表示する掲載日:2014年5月28日更新

平成26年5月15日

県と大分県石油商業組合による「災害時における被災者等の支援及び燃料の優先供給に関する基本協定」の調印式が県庁で行われました。

この協定は、平成18年に締結された「災害時における被災者等の支援に関する協定」の内容を強化するために締結されました。

大分県石油商業組合の西理事長は「3年前の東日本大震災を教訓にして、より具体的な内容の協定を結ぶ事が出来ました。有事の際に力になれるよう努力しますのでよろしくお願いします」と述べ、知事は「今までのご協力に感謝いたします。特に、今年の大雪のときにはお世話になりまして、大変頼もしく思っています。これからもぜひ力を貸してください」と答えました。

 調印式 記念撮影


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください