ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「東九州メディカルバレー構想 タイ医師、看護師の表敬訪問」

本文

知事通信「東九州メディカルバレー構想 タイ医師、看護師の表敬訪問」

印刷ページの表示 ページ番号:0000292240 更新日:2014年8月8日更新

平成26年6月27日

 県では東九州メディカルバレー構想の推進にあたり独立行政法人国際協力機構(JICA)との連携によって、タイの国立病院の医師、看護師を受け入れており、研修期間中の4名が知事を表敬訪問しました。

 ワニア・ヌメン医師は「日本は水の純化技術が進んでいます。タイの患者のため、日本の技術を学びたい」と研修の意気込みを語り、知事は「医療は国際的に共有すべきもの。皆さんとともに成果をつくりあげていきたい」と応えました。

意見交換 記念撮影

年月で探す