ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「『第1回全国自給飼料生産コンクール』農林水産大臣賞受賞 知事報告」

知事通信「『第1回全国自給飼料生産コンクール』農林水産大臣賞受賞 知事報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2014年10月28日更新

平成26年8月19日

 「第1回全国自給飼料生産コンクール」で最優秀賞の農林水産大臣賞を受賞した豊後高田市の永松英治氏が知事へ受賞を報告するため県庁を訪れました。このコンクールは、自給飼料の生産技術や、放牧などの環境に調和した畜産経営の優秀な事例を全国から選定・表彰するものです。

 永松氏は受賞報告に合わせ、受賞の決め手となった「子牛が生まれた直後にスキンシップをする、親牛と一緒に放牧する」などの独特の方法を紹介しました。これを受け知事は「すばらしい賞を受賞され、おめでとうございます。永松さんの畜産経営は大分の畜産にとって参考になるものです。今後も大分の畜産経営のお手本となり、ご活躍されることを期待しています」と激励しました。

          受賞報告  記念撮影

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください