ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「日田梨知事贈呈」

本文

知事通信「日田梨知事贈呈」

印刷ページの表示 ページ番号:0000296480 更新日:2014年12月11日更新

平成26年11月25日 

 JAおおいた日田梨部会が栽培する梨の新品種「豊里(ほうり)」の出荷が今年で8年目を迎えました。「豊里」は10月の中旬ごろから収穫され、年末の贈答用として出荷される大分県のオリジナル品種の梨です。この度日田市の生産者が県庁を訪れ、知事に「豊里」の贈呈を行いました。

 JAおおいた日田梨部会の梶原智俊部会長が「夏の悪天候の影響で生育が悪くなることが懸念されましたが、秋に好天に恵まれたことでおいしい梨ができました」と今年の栽培状況の報告をしました。「豊里」を試食した知事は「とてもジューシーでおいしいです。甘みの中に酸味がきいた大人の味ですね」と話し、年末商戦での「豊里」の奮闘に期待を寄せました。

                  梨贈呈  記念撮影

年月で探す