ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「優良民間社会福祉事業施設・団体に対する天皇誕生日に際しての御下賜金伝達式」

知事通信「優良民間社会福祉事業施設・団体に対する天皇誕生日に際しての御下賜金伝達式」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年1月20日更新

平成26年12月19日 

 天皇陛下より、大分市の「社会福祉法人暁雲福祉会」に対して御下賜金(ごかしきん)が下賜され、伝達式が県庁で行われました。御下賜金とは、社会福祉事業奨励のため、天皇誕生日に際し、天皇陛下から優良民間福祉事業施設・団体に贈られるものです。

 伝達式では知事が「この度の栄誉は、皆様のご努力とご功績が認められたものであり、心から敬意を表します。今後とも、障がい福祉・地域福祉の向上に一層のご尽力をお願い申し上げます」と述べました。伝達を受けた同法人の丹羽一誠理事長は「身の引き締まる思いでございます。この栄誉に恥じぬよう、今後も地域福祉への貢献を続けていきます」と述べました。

                  伝達式  記念撮影

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください