ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「受賞報告会・県賞詞授与式」

本文

知事通信「受賞報告会・県賞詞授与式」

印刷ページの表示 ページ番号:0000298903 更新日:2015年3月4日更新

平成27年2月24日 

 「第23回国際高校生選抜書展」において全国優勝を果たした大分県立中津北高等学校書道部及び文部科学大臣賞を受賞した同校3年の小田知佳さん、「第29回全国高等学校文芸コンクール詩部門」において最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞した大分鶴崎高等学校3年の木村カロリーナりえさんに対する県賞詞授与式が行われました。授与式に先立って行われた受賞報告会では、小田さんを含む中津北高校書道部の4人が、知事に受賞作品について、工夫した点や書かれた字の意味などを解説し、木村さんの代理として出席した大分鶴崎高校の河野俊一顧問が、木村さんの受賞作品『SOS、つまり、鼓動』を朗読しました。

 授与式では、知事が受賞者それぞれに賞詞と記念品を手渡し、「皆さんの日頃からの惜しみない努力と工夫が実り、素晴らしい賞を受賞されたことに対し心からお喜び申し上げます。今後も皆さんがさらなる高みを目指して努力し、ご活躍されることを期待しています」とお祝いの言葉を述べました。この後、受賞者を代表して、中津北高校書道部の小田さんが「名誉ある賞をいただきありがとうございます。私たちがこのような結果を残せたのは、これまで支えていただいたすべての方々のおかげです。今後も精進してまいります」とあいさつをしました。

                 受賞報告会  県賞詞授与式  記念撮影

年月で探す