ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「『災害時における浄化槽の点検・復旧に関する応援協定』 調印式」

本文

知事通信「『災害時における浄化槽の点検・復旧に関する応援協定』 調印式」

印刷ページの表示 ページ番号:0001001575 更新日:2015年3月25日更新

平成27年3月20日 

 地震・津波・風水害等の大規模な災害が発生した際、浄化槽に大きな被害が発生することが予想されます。そこで県は、災害時の浄化槽破損による衛生上の問題に対処するため、公益財団法人大分県環境管理協会との間で「災害時における浄化槽の点検・復旧に関する応援協定」を締結することとなりました。

 県庁で同協定の調印式が行われ、知事と同協会の安部隆理事長が協定書に調印しました。調印後に知事は「浄化槽の復旧という、必ず取り組まなければならない防災・減災の課題についての見通しが立ち、大変頼もしく思っております。災害が起きた際には、皆様のご協力をお願いいたします」とあいさつしました。知事のあいさつを受け、安部理事長は「浄化槽は下水道と同じく大変重要な汚水処理施設です。生活環境保全、公衆衛生のために災害時には迅速な復旧に努めます」と応えました。

             調印   記念撮影

年月で探す