ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「「おんせん県おおいた」フレーム切手贈呈式」

本文

知事通信「「おんせん県おおいた」フレーム切手贈呈式」

印刷ページの表示 ページ番号:0001009173 更新日:2015年7月2日更新

平成27年7月1日 

 この度、日本郵便株式会社九州支社から、おんせん県おおいたのロゴマークを題材としたオリジナルフレーム切手『日本一のおんせん県』が発売されました。それに伴い、日本郵便関係者7名、ローソン関係者6名が県庁を訪れ、知事へ販売開始の報告と切手の贈呈を行いました。

日本郵便株式会社九州支社の龍支社長は「7月開始のデスティネーションキャンペーン(以下DC)の一環として3500部の切手を発行しました。3000名の職員がおもてなしサポーターに登録し、おんせん県のTシャツを着て業務を行うことで、おんせん県おおいたをPRしていきます」、ローソン顧問の三留氏は「ローソンもおもてなしサポーターに2000名登録し、この切手の販売を取り扱うことでDCへ協力していきます」と挨拶しました。知事は「おんせん県おおいたフレーム切手の製作と販売ありがとうございます。大分のおもてなしの気持ちを表すために設立したおもてなしサポーターもおかげさまで登録者数11万8000人となり、DCを大いに盛り上げていただけるものと期待しております。DCが大成功を収められるよう尽力してまいりますので、今後ともご協力よろしくお願いします」と返答しました。

「おんせん県おおいた」フレーム切手贈呈式1 「おんせん県おおいた」フレーム切手贈呈式2

年月で探す