ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「イオンアグリ創造株式会社進出協定締結」

本文

知事通信「イオンアグリ創造株式会社進出協定締結」

印刷ページの表示 ページ番号:0000238223 更新日:2011年6月29日更新

平成23年6月28日
 イオングループに農産物の供給を行っているイオンアグリ創造株式会社(本社千葉県)の藤井滋生社長が来県し、九州初となるイオン直営農場「大分滝上農場」を9月1日に九重町で開設し、キャベツやレタスなどの露地野菜を生産することを表明しました。
 知事は、「今回のご英断に敬意と感謝を表します。これだけの大きな土地を活用していただき、大分県で農業参入していただくことに感激しています。流通や販売に大変なパワーを持っている御社の進出は、我々の勉強になると思っています。力いっぱい応援していきますのでよろしくお願いします。」と感謝の意を述べました。 

進出表明 進出表明2            

年月で探す