ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「中華人民共和国駐日本国特命全権大使知事表敬訪問」

知事通信「中華人民共和国駐日本国特命全権大使知事表敬訪問」

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月13日更新

平成24年2月12日
 程永華中華人民共和国駐日本国特命全権大使が、知事を表敬訪問しました。知事は、大分県の大学、短大等に在籍する留学生数は、人口当たり日本一であると紹介し、「留学生は、将来、大分県と母国の架け橋となる人材。勉学に専念できるよう応援していきたい」と述べました。また、東日本大震災後に観光客が減少したことについて、「最近は少し戻ってきている。大使にはぜひ観光振興にお力添えを頂きたい」と、更に、中国の日本産食品の一部輸入規制について、「県産の果物などにも影響があり、早く解除していただきたい」と要請しました。
 程大使は、「今年は日中国交正常化40周年に当たり、日本と中国の地方都市間の友好交流も20周年から30周年を迎える。更に交流を盛んにし、地方同士の結び付きを強くしたい」と述べました。

中国大使   中国大使         


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください