ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > One Rugby, One Oita大作戦 > ラグビーのここが見どころ!【第3回】ラインアウト


大分ラグビー情報
app
fb

mejiron2 

ラグビーのここが見どころ!【第3回】ラインアウト

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月25日更新

ラインアウト”は、ボールがタッチラインを割った後のリスタート方法です。

 主にフォワードが両チーム1列に並び、スローワー(通常はフッカー)がその2列の真ん中に真っ直ぐボールを投げ入れます。味方側に投げてしまうと相手ボールのスクラムとなります(ノットストレート)。

 スローワーとキャッチする選手、その選手を持ち上げる選手の息の合ったコンビネーションがボール確保のために必要となり、スクラムと同様、フォワードの総合力が求められるプレーです。

 

 ラインアウトは攻撃の起点として重要なプレーであり、ボールをキャッチしたチームはそのままモール(第5回で紹介予定)で押したり、バックスに展開して周到に準備された必殺のサインプレー(シザースやループ)で攻撃を行います。

 持ち上げられた選手は4mを超える高さまで到達します。ここで繰り広げられる空中戦もラグビーの見どころのひとつです。

 

次回は”ラック”をご紹介します。

 lineout1 lineout2

※写真は大分県ラグビーフットボール協会等からの提供

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください