ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県の統計 > 平成30年度大分県統計グラフコンクール 入選・パソコン統計グラフの部

平成30年度大分県統計グラフコンクール 入選・パソコン統計グラフの部

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月28日更新

入選・パソコン統計グラフの部(小学校の児童以上)

パソコン統計グラフの部の作品の画像です。

「知ってた?食品ロス」

大分県立鶴崎工業高等学校 3年 小川 純麗

  それぞれのグラフは工夫を凝らし、よくまとまっていると思います。全体的にみると世界を主題にしているのか、日本の問題なのか分かりづらい部分がありますが、グラフの面積や文字の色で強弱をつけるとさらによい作品となるでしょう。

パソコン統計グラフの作品の画像です。

「もったいない!!日本の満腹裏事情」

大分県立鶴崎工業高等学校 3年 鈴東 きらら

シャドーを効果的に使用し、イラストレーションやグラフにメリハリがついていて印象深い作品です。また、反対色の配色もトーンを調整し、全体をよくまとめている点も素晴らしいです。                                                  

パソコン統計グラフの部の作品の画像です。

「There is no loss in you knowing that.気になる寿司ネタ。」

大分県立鶴崎工業高等学校 3年 西本 真緒

 円柱状のレーンにイラストレーションやグラフをレイアウトし、全体的な動きを表現しているところに工夫がみられます。色彩も難しい色の組み合わせですが、全体に配置することでバランスをとっています。

パソコン統計グラフの部の作品の画像です。

「仕事と家庭の両立!! ~女性の社会進出~」

大分県立鶴崎工業高等学校 3年 吉武 梢

それぞれのグラフはセパレーションをかけたり、立体的に仕上げることでよくまとまっています。画面下部の配色で見えづらい部分があります。背景とグラフの色の明度差をつけるとメリハリがつきます。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください