ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 県有財産経営室 > 大分県公共施設等総合管理指針について

大分県公共施設等総合管理指針について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

大分県公共施設等総合管理指針について

1 指針策定の趣旨

 大分県では、県庁舎をはじめ保健所、県立学校施設などの県有建築物のほか、道路、港湾などの公共インフラ施設を多数保有しています。 

 これらの公共施設等の多くが、今後、一斉に改修や更新の時期を迎えるため、その経費が多額にのぼることが見込まれており、本県の財政運営に大きな影響を及ぼすことが心配されています。 

 このため、施設保有のあり方や施設の機能発揮の方針を示すため、平成27年7月31日に「大分県公共施設等総合管理指針」を策定しました。

2 指針の内容

 指針の内容はこちらからダウンロードできます。

       大分県公共施設等総合管理指針の概要 [PDFファイル/152KB]

       大分県公共施設等総合管理指針 [PDFファイル/839KB]

3 指針の進ちょく状況

       取組内容について、進ちょく状況をとりまとめましたのでお知らせします。

       平成30年度「大分県公共施設等総合管理指針」の進ちょく状況 [PDFファイル/793KB]


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください