ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 総務部 > 財政課 > 宝くじ収益金の使途について

本文

宝くじ収益金の使途について

印刷ページの表示 ページ番号:0002040608 更新日:2020年12月11日更新

宝くじの収益金の約4割は、自治体の収入となり、県民のみなさまの暮らしに役立てられています。

(活用事例1)大分国際車いすマラソン  

 毎年秋に国内及び外国・地域の身体に障がいのある方が、車いすマラソンを通じて、希望と勇気をもって社会に参加する意欲を喚起するとともに、広く県民が障がいのある方についての関心と理解を深めることを目的として本県で開催している大分国際車いすマラソンの開催費用に活用しています。

車いすマラソン
車いすマラソン

(活用事例2)ラグビーワールドカップ2019日本大会

 大分でも5試合が開催され、国内外から多くの観戦客が訪れたラグビーワールドカップ2019日本大会の準備や施設整備等に活用されました。

会場となった大分スポーツ公園