ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 市町村振興課 > 地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況について

地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月3日更新

地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況に関する調査結果

 地方公営企業の経営においては、徹底した効率化、経営健全化を行うことが必要であり、事業の廃止・民営化や広域的な連携も含めた抜本的な改革の検討を進め、経営基盤の強化と財政マネジメントの向上を図ることが求められます。
 このたび、県内市町村における公営企業の抜本的な改革等の取組状況について調査を行いましたので、その結果を公表します。

調査対象期間

 事業開始~平成30年度

調査内容

・抜本的な改革等の実施・検討状況
 (事業廃止、民営化・民間譲渡、広域化等、民間活用(指定管理者制度、包括的民間委託、PPP/PFI方式の活用、地方独立行政法人への移行))
・今後の経営改革の方向性

調査結果


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください