ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活環境部 > 生活環境企画課 > 大分県交通安全ポスターコンクール

本文

大分県交通安全ポスターコンクール

印刷ページの表示 ページ番号:0002141570 更新日:2021年5月21日更新

沿革

大分県交通安全ポスターコンクールは、昭和56年から開催している「大分県交通安全広報誌コンクール」を引き継ぎ、交通安全ポスターの制作を通じて県民の皆さんの交通安全意識の高揚と、交通マナーの向上を図るもので、令和元年から開催しています。
本コンクールは、県・県交通安全推進協議会が主催し、交通安全にご協力をいただいている県内の団体・企業の皆さんの後援・協賛を基に開催しています。
優秀作品につきましては、交通安全運動のポスターや、様々な啓発品のデザインとして採用し、県民の皆さんにご紹介しています。

応募要領

応募期間

令和3年7月1日(木曜日)~令和3年9月7日(火曜日)必着
※予定

応募資格

県内在住の15歳以上の方(但し中学生、義務教育学校後期課程の方は除く)

テーマ

(1)「横断歩道でのマナーアップ」
 ~ドライバーと歩行者とで思いやりの連鎖を~
○テーマを設定した理由
 大分県では、信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしているときに、車が停止する割合が、全国平均に比べて低いという調査結果があります。
 歩行者が犠牲になる交通事故を防ぐためには、ドライバーはもちろんのこと、歩行者も「信号無視をしない」「左右をよく確認して横断歩道を渡る」等の基本的な交通ルールを守ることが大切です。
 ドライバーと歩行者がお互いを思いやる優しい気持ちを持ち、「横断歩道でのマナーアップ」を心がければ、悲惨な交通事故を減らすことができます。誰もが気持ちよく道路を利用できるようなメッセージを作品に込めましょう。

(2)「自転車安全利用の促進」
 ~守ろう!自転車条例~
○テーマを設定した理由
 自転車は、運転免許や年齢に関係なく気軽に乗ることができる、便利な乗り物です。
 一方で、正しい交通ルールを守られなければ、事故の被害者にも加害者にもなる乗り物でもあります。もし事故の加害者になれば、自転車利用者が未成年者であっても、大きな責任を負うことになります。
 大分県では、こうした自転車事故の防止や、事故の被害者の保護を目的として、令和3年4月1日(一部は6月1日)に「大分県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」(通称「自転車条例」)を施行しました。
 自転車事故を起こさないためには何を守ればいいのか、どうしてヘルメットを被らなければいけないのか、万が一事故を起こした時のために、どのような備えをしていたらいいのか等を考えながら、作品を制作しましょう。

規格・募集要項

○規格
 四つ切り(約390mm×約540mm)またはB3、縦書き、デジタル制作可
※デジタルで制作した作品について、B3による出力が困難な場合は、B4で2枚に分けて出力した作品をつなぎ合わせて提出してください

・大賞(県交推協会長賞) 1名 賞状、副賞(商品券5万円分)
・部門賞(各テーマごと) 各1名 賞状、副賞(商品券2万円分)
・優秀賞 5名 賞状、副賞(商品券1万円分)
・奨励(団体)賞
 応募数最多の団体 賞状、副賞(商品券2万円分)
 応募数次点の団体 賞状、副賞(商品券1万円分)
・入選 12名程度 賞状、副賞(商品券5千円分)
・努力賞 20名程度 副賞(図書カード千円分)

※応募者のうち、入選、受賞を逃した方を対象に、各企業・団体から協賛をいただいた賞品の抽選を行います

制作上の注意事項

・交通安全について、なぜそのようなテーマになっているのかよく理解して制作しましょう
・作品は未発表のものに限ります
・模作(他人の作品をまねること)や、キャッチコピーが過去の作品と同一である場合、フリーのイラストをトレースしている場合等は審査の対象としないことがあります
・差別的な表現を伴う作品や、公序良俗に反する表現を伴う作品は評価の対象としません
・ポスターに描く自動車、自転車、人物、道路標識・表示等は、日本の交通法規に沿ったものとしてください(例 車は左側通行など)。ただし、危険な行為を示すことで交通ルールの重要性を訴える場合は除きます

これまでの開催結果

令和2年
○交通安全推進協議会会長賞(2名)
・テーマ1「横断歩道でのマナーアップ」
 県立芸術緑丘高校 佐藤 舞利香さん
・テーマ2「自転車安全利用の促進」
 県立鶴崎工業高校 長 小舞妃さん
令和元年
○交通安全推進協議会会長賞(2名)
・高校生の部
 県立鶴崎工業高校3年生
・一般の部
 別府溝部学園短期大学生

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)