ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活環境部 > 防災対策企画課 > 非常持出品を準備しましょう

本文

非常持出品を準備しましょう

印刷ページの表示 ページ番号:0002037348 更新日:2021年4月1日更新
大規模災害が発生すると、ライフラインや流通機能がストップするおそれがあります。
いざという時に慌てないように、災害時に必要な物を日ごろから準備しておきましょう。
また、災害時の必需品は、災害発生からの時間経過に応じて変化します。災害が発生した時、避難する時、ライフラインが止まった時に分けて考えましょう。
 

常時携行品(外出先でいつも身に付けておきたいもの)

外出先での被災も考え、普段持ち歩くバックなどに入れておきましょう。

(常時携行品の一例)
・身元や連絡先のわかるカードなど ・病院の診療券、病名・処方薬を書いたメモなど
・携帯ラジオ(状況を把握するため) ・メモ帳、筆記用具
・笛(救助を求める時など) ・閉じ込められたときの食料(水、チョコレートなど)
・ハンカチなど(口を覆うため)  
 

非常持出品(避難の際に緊急的に持ち出すもの)

「なければ困るもの」をリュックサックなどに入れて、玄関や寝室など持ち出しやすい場所に保管しましょう。

(非常持出品の一例)
・常備薬 ・飲料水
・貴重品(預金通帳、印鑑、現金) ・救急用品
・軍手 ・懐中電灯
・下着 ・予備電池
・ウエットティッシュ ・ろうそく、マッチ(火をつけるもの)
・生理用品  
(乳幼児がいる家庭で準備するものの一例)
・粉ミルク  ・ほ乳瓶
・離乳食 ・紙おむつ
(妊婦がいる家庭で準備するものの一例)
・ガーゼ、さらし ・新生児用品    
・脱脂綿 ・母子手帳
(高齢者・要介護者がいる家庭で準備するものの一例)
・入れ歯や補聴器 ・軟らかい非常食 
・おむつ ・予備のめがね
・障がい者手帳 ・補助具等の予備            
 

備蓄品

ライフラインや流通機能がストップした時に外部からの支援が届くまでの数日間(最低3日間)の水や食料などを、持ち運びしやすい収納ケースなどに入れて、キッチンや押し入れなどに分散保管しましょう。

(備蓄品の一例)

・食品(缶詰、レトルト食品、ドライフーズ、
 栄養補助食品)

・水(飲料水は大人1人当たり、1日3Lが
 目安)            
・燃料(卓上コンロ、固形燃料、予備のガス
 ボンベなど)
・衣類(下着・上着、毛布、タオル)
・洗面用具 ・ラップ
・使い捨てカイロ ・簡易トイレ
・トイレットペーパー  
 
(備蓄のポイント)
防災のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ、普段の生活の中に組み込んで、平時に無意識に更新できるものでまかないましょう。
安価でどこでも入手しやすいものでないと、定期的に更新したり分散して置くことができません。
例えば、ティッシュやトイレットペーパー、ラップ、アルミホイル、大型ゴミ袋、水のペットボトルなどは、ある程度の量を蓄え、順々に古い方から使い、日常生活で買い足していきましょう。
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)