ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活環境部 > 防災対策企画課 > 大分県災害対策本部体制について

本文

大分県災害対策本部体制について

印刷ページの表示 ページ番号:0002099533 更新日:2017年3月7日更新

 県では、大規模災害が発生し、または発生するおそれがある場合、各種応急対策を総合的かつ集中的に実施するため、災害対策基本法第23条の規定に基づき「大分県災害対策本部」を設置し、県民の生命、身体及び財産の保護を図ることとしています。

 災害対策本部の組織体制については、東日本大震災を受け、平成24年6月、組織が機能的に働くよう、平時の部局別の体制から災害時の業務に即した機能別の編成(部局横断組織)に見直しました。
 見直し後も、毎年、訓練等を通じて課題を明らかにし、必要な見直し等を行い、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備えています。

 

 

本部会議
本部会議の様子(平成28年熊本地震)
災害対策本部組織図
総合調整室の様子
総合調整室の様子(平成28年熊本地震)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)