ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 地域農業振興課 > 農作物に対する暖冬の影響と今後の技術対策

農作物に対する暖冬の影響と今後の技術対策

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月21日更新

   厳冬期の12月から2月の平均気温が平年より高温で推移する暖冬傾向の年は、農作物の生育が早まることが想定されます。そのため、植物体の軟弱徒長に加え、病害虫の発生や一時的な冷え込みによる凍霜害の発生が懸念されます。 

   こうした状況を踏まえ、特に下記事項の内容について十分留意の上、栽培管理の徹底を図ってください。

      農作物に対する暖冬の影響と今後の技術対策 [PDFファイル/129KB]


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください