ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 地域農業振興課 > 農業生産工程管理(GAP)について

農業生産工程管理(GAP)について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月30日更新

農業生産工程管理(GAP) に取り組んでみませんか

農業生産工程管理(GAP)に関する情報

○ 農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは

農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、

農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。

これを我が国の多くの農業者や産地が取り入れることにより、結果として食品の安全性向上、環境の保全、

労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、

消費者や実需者の信頼の確保が期待されます。

 ? どうしてGAPを導入するの ?

---------------------------

産地や農家が安定した経営を続けるためには、次のような取組が必要です。

---------------------------

  ○ 産地の信頼を守るための体制を作りましょう

  ○ きれいな田畑や水を子ども達に引き継ぎましょう

  ○ 農作業事故を減らしましょう

    農作業による死亡事故が多く発生しており、毎年約400人の方が亡くなっています。

    一人一人が作業の安全確認を行うなど、事故防止対策を行うことが必要です。

************************

 GAPに取り組むことは、問題点を明らかにして、

  産地として防止対策を徹底するために有効です

************************


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください