ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 地域農業振興課 > 農作業における労災保険制度

農作業における労災保険制度

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月30日更新

農業者のための特別加入制度について

農業者の方も労災保険に加入できます

 労災保険は、本来、労働者の業務または通勤による負傷、疾病、障害、死亡に対して保険給付を行う制度ですが、労働者以外でも、その業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の人については特別に任意加入を認めています。

 これが、「特別加入制度」 です。

 安全な農作業を心がけることが第一ですが、万が一の事故に備えて、「労災保険」に加入しましょう。
一定の要件を満たしていれば自営農業者本人が加入できる「特別加入制度」も用意されています。

 なお、農業者の場合には、次の3つの区分のいずれかに特別加入することができます。

 ・ 特定農作業従事者
 ・ 指定農業機械作業従事者
 ・ 中小事業主等

 詳細は、下記パンフレットをご覧ください。

 ○ 厚生労働省 労災補償 リーフレット
    農業者のための特別加入制度について

 ○ 事務組合または特別加入団体をお探しの方
    県内の労働局または労働基準監督署へご連絡ください。

 ○ 農林水産省及び厚生労働省連名で作成したパンフレット
    「必見!農業者の皆さん労災保険の特別加入をご存じですか!!」


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください