ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 森との共生推進室 > 「次代の森林づくり活動リーダー育成研修」に参加した子どもたちの代表者が知事に研修の報告を行いました

本文

「次代の森林づくり活動リーダー育成研修」に参加した子どもたちの代表者が知事に研修の報告を行いました

印刷ページの表示 ページ番号:0002071471 更新日:2019年8月27日更新

「次代の森林づくり活動リーダー育成研修」に参加した子どもたちの代表者が知事に研修の報告を行いました。

研修の概要

 この研修は、株式会社トキハインダストリーのレジ袋収益金及び大分県森林環境税を活用し、日頃から森林づくり活動を実践している団体に所属する子どもたちが森林づくり活動リーダーとしての資質を向上させ、森林環境に関する理解や知識を深めることを目的として行っています。

今年度の研修について

 今年度は8月7日から9日の2泊3日で行われました。35名の子どもたちが、世界自然遺産に登録された屋久島での施設見学や体験活動を通して、屋久島の自然環境や歴史について学びました。また、株式会社トキハインダストリーの職員による環境学習やかごしま環境未来館の見学では、マイバックを持参することやゴミを分別することの大切さを学び、地球の環境を守るために自分たちにできることは何かについてみんなで考えました。
屋久島環境文化センター
ヤクスギランド
ヤクスギランド
カヌー体験
カヌー体験

知事報告会

8 月21日に行われた報告会では、研修に参加した子どもたちの代表者10名が、今回の研修で学んだことや感動したことなど、それぞれの感想を広瀬知事へ報告しました。
知事報告会