ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 道路保全課 > 道路のり面・土工構造物における長寿命化計画の策定について

道路のり面・土工構造物における長寿命化計画の策定について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年11月30日更新

道路のり面・土工構造物長寿命化計画

 県が管理する道路のり面・土工構造物は、モルタル・コンクリート吹付が約3,700箇所、落石防護柵・網が約2,100箇所、その他施設を合わせて約8,900箇所に達しますが、その多くは高度経済成長期以降に建設され、今後一斉に高齢化することが予想されます。

 このような状況のもと、著しい変状に至ってから対症療法的な修繕を行った場合、将来の維持管理コストの増大や補修時期の集中など、今後の維持管理に支障が生じる恐れがあります。

 将来にわたり安全・安心な道路ネットワークを確保するため、各施設の特性を踏まえたうえ、損傷状況をこまめに把握し、健全性が著しく低下する前の適切な時期に対策を実施する予防保全型の維持管理に移行するとともに、維持管理コストの縮減や予算の平準化を図ることを目的として道路のり面・土工構造物の長寿命化計画を策定しました。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください