ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 土木建築部 > 道路保全課 > 通学路の安全対策の推進について

本文

通学路の安全対策の推進について

印刷ページの表示 ページ番号:0002090950 更新日:2020年3月30日更新

通学路の安全対策の推進

 大分県では、教育委員会、学校、警察、道路管理者が連携して小学校の通学路の安全確保に向けて取り組みを行っています。

通学路合同点検の実施

 平成24年度に通学路上で登下校中の児童等が死傷する事故が発生したことをうけて、大分県では平成24年5月に教育委員会、学校、警察、道路管理者が連携して通学路緊急合同点検を実施しました。平成25年度以降も関係機関と連携して通学路合同点検を実施しています。

 県では、通学路合同点検により抽出された要対策箇所について、安全確保に向けた対策を実施しています。

通学路点検の状況

要対策箇所の対策事例

簡易歩道(前)
対策前
簡易歩道(後)
対策後(簡易歩道を整備)
カラー舗装(着手前)
対策前
カラー舗装(完成)
対策後(カラー舗装で歩行スペースを明示)
横断防止柵(前)
対策前
横断防止柵(後)
対策後(横断防止柵の設置)

通学路交通安全プログラム 要対策箇所一覧 【県管理道路分】

 通学路合同点検の要対策箇所については、国の防災・安全交付金を活用して、歩道設置等の対策を実施しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)