ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農学部

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月8日更新

農学部について

1.教育目標

 本校農学部は、農業者研修教育施設及び専修学校という位置づけの中で、今後の農業を担う青年農業者等を育成するため、農業経営者として、また、職業人として農業に必要な農畜産物の「生産並びに農業経営に関する科学的技術及び知識」の習得を行うこと、また、社会人としての教養の向上を図ることを目的としています。
 教育にあたっては、「進取研鑽」「実践創造」「友愛協調」を校訓として、(1)農業の高 度化・多様化に対応できる生産・販売技術力、経営管理能力等の養成、(2)自ら考え、実践できる行動力の養成、(3)流動的な社会情勢に対応しうる幅広い視野と協調性の養成等を目標として、原則全寮制の下で実践教育を実施しています。

2.教育方針

1 講義と実習の一貫性を持った実践的学習により、農業の一般的な知識と専門的な技術力、さらに応用力を養う。
2 実習にあたっては、個々にプロジェクト課題を設定し、自らが責任を持って栽培、飼育することにより、研究心や創造力及び実践力を養う。
3 先進農家等体験学習及び海外農業体験研修を通して、農業の担い手としての経営感覚や国際感覚を養う。
4 寮生活を通して、将来にわたる人脈をつくるとともに、社会人としての自主性、協調性、礼儀、規律を重んじる人間性を養う。

  

3.学科・コース

設置学科

コース

総合農産科      

 水田・野菜、花 き、果 樹

総合畜産科

 -

4.教育課程(単位数)

区  分

講 座 数

単位数

教 養 科 目

5講座

6単位

専門(共通科目)

37講座(うち20講座選択)

34~39単位

専門(専攻科目)

10~15講座

61~62単位

合      計

52~57講座

101~107単位

5.履修科目

平成31年度農学部教育課程(1年生) [PDFファイル/94KB]

◆一般教養科目
    経済活動と法律 くらしとことば 現代社会と文化 農業と化学 体育  

◆専門共通科目
  情報処理1 情報処理2 農業経済 農業総論 農業機械 農業機械実習 土壌肥料 農業政策総論 農業政策各論      
  農畜産物流通 農作業システム 農産加工 食品管理 環境保全型農業 農業気象 簿記基礎 GAP

◆専門選択科目
 農業数学 フラワーデザイン 応用英語 基礎数学 情報資格取得講座 生物 危険物資格取得講座           
 農業土木と水利 基礎英語 組織マネージメント論 ビジネスマナー 小論文 土壌肥料演習 

◆実習・卒業論文・体験学習

  ● プロジェクト課題を設定し、自らが農作物の栽培や家畜を飼育する事により、生産する喜びを体得
      【プロジェクト発表会】
      1年生・・・・・・・・・・・・計画発表会(9月)
      2年生・・・・・・・・・・・・中間検討会(6月)  ・実績発表会(12月)  ・校内発表会(1月)
                           九州地区発表会(1月) ・全国発表会(2月)
      結果とりまとめ・・・・・卒業論文概要集・卒業論文

   ● 先進農家等体験学習  20日間 1学年(10月)
      県内の先進農家、地域の優れた農家、農業生産法人等

   ● 海外農業体験研修    約7日間 2学年(6月)

6.在学中取得可能な資格免許等

資格取得一覧

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください