ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 国東半島古代文化公園の自然歩道
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

国東半島古代文化公園の自然歩道

印刷用ページを表示する 更新日:1973年6月1日更新

1973年6月号 広報おおいた

国東半島古代文化公園の自然歩道

説明

歩道は、屋山の中腹にある長安寺との間約1,400メートルを結ぶ。長安寺は、天念寺とともに六郷山寺院の中山本寺、由緒ある古刹で、国東塔など著名な文化財が多く、キャンプ地としても知られる。静かな田園風景と文化遺産を生んだ自然環境を心ゆくまで味わえるこの遊歩道は、当時、県が国東半島の各地で進めている古代文化公園の一部として整備したもの。途中には小園地や解説板などがある。

場所

豊後高田市(屋山・夷地区)

カテゴリー

山・施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ