ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 夏の陽に輝く水晶山、山全体が石灰石 -津久見市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

夏の陽に輝く水晶山、山全体が石灰石 -津久見市-

印刷用ページを表示する 更新日:1973年7月1日更新

1973年7月号 広報おおいた

夏の陽に輝く水晶山、山全体が石灰石 -津久見市-

説明

当時、津久見市の産業を支えているのは石灰石であった。無尽蔵(推定45億トン)といわれた石灰石は、水晶山から胡麻柄山、碁磐ヶ岳(八戸高原)をへて臼杵市野津町の風連鍾乳洞にいたる約20キロメートルの石灰層をなしていた。また産業を発展させた大きな力の一つは豊後水道で、これを利用して石灰輸送はすでに明治時代から機帆船を使って行なわれていたが、この水深の深い海岸が津久見港の工業を伸ばす原動力であった。

場所

津久見市

カテゴリー

街並み・風景・商工業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ