ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 増産が期待される“くり”
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

増産が期待される“くり”

印刷用ページを表示する 更新日:1973年11月1日更新

1973年11月号 広報おおいた

増産が期待される“くり”

説明

当時の旧本中津市耶馬溪町では秋の味覚として食卓をにぎわす栗とカボスの栽培が盛んであった。栗園の植え付け面積は86ヘクタールで、昭和48年の生産量は115トンにおよび、年々増加の傾向で味がよかった。

場所

中津市本耶馬溪町

カテゴリー

食・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してくださ

前のページに戻る このページの先頭へ