ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > “川中不動”六郷満山文化の遺跡
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

“川中不動”六郷満山文化の遺跡

印刷用ページを表示する 更新日:1974年3月1日更新

1974年3月号 広報おおいた

“川中不動”六郷満山文化の遺跡

説明

野路のいたるところに古い五輪等や板碑(いたび)などを見かけ、それらがすべて六郷山寺院につながる文化財と仏教文化の国東半島。これらの文化財は、半島の全域にわたって点在し、一千年、あるいはそれ以上の長い間、自然と豊かな人情に守られて、奈良、平安、鎌倉期の仏教文化の粋を今日に伝えている。こうした国東半島の仏教文化の中心が豊後高田市である。

場所

豊後高田市

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ