ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 大切に守られ、すくすくと育つ部落有林
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

大切に守られ、すくすくと育つ部落有林

印刷用ページを表示する 更新日:1975年3月1日更新

1975年3月号 広報おおいた

大切に守られ、すくすくと育つ部落有林

説明

当時の本状村は番匠川の清流に沿った戸数50余戸の静かなたたずまいの集落にすぎないが、全国でもまれな「自治体共同体」の機能を持つ珍しい部落であった。昭和50年の部落共有林は360ヘクタール、人工林率85パーセントと大きく、林産物・茶栽培に大きな成果を上げていた。至るところの杉木立に椎茸のほだ木が積まれているのは爽観であった。

場所

佐伯市本匠

カテゴリー

山・林業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ