ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 県下初の人口釣り場
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

県下初の人口釣り場

印刷用ページを表示する 更新日:1976年6月1日更新

1976年6月号 広報おおいた

県下初の人口釣り場

説明

昭和51年、武蔵町に県下初の人口釣り場が建設された。この人口釣り場建設のねらいは、遊業者(釣り客)専用の漁場を設定し、自然を失いつつある都市生活者に自然環境による休養の場を与えて観光資源にするとともに、釣り客が一般漁場に侵入して競合するのを防ぐこと、さらには、地元漁業者が、釣り客へ漁船の提供や、釣り客への生魚の販売などによって漁業者の収益の増加を図るもので、九州でも宮崎県につぐ新しい事業であった。

場所

場所:由布市武蔵町

カテゴリー

食・施設・建物・漁業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ