ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 別府市境川に九州初の砂防公園
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

別府市境川に九州初の砂防公園

印刷用ページを表示する 更新日:1976年7月1日更新

1976年7月号 広報おおいた

別府市境川に九州初の砂防公園

説明

当時、石ころや雑草の多かった別府市境川の河原の一部が美しい砂防公園になった。これは、県が建設省の補助を得て、九州では初めての砂防環境整備事業として昭和50年度から工事を進めていたものである。河川を安全にすると同時に、緑と水辺の空間を確保し、沿線住民の憩いと安らぎの場を創造するユニークな事業で、昭和51年に天満橋上流約100メートルの区間が完成した。

場所

場所:別府市

カテゴリー

川・食・施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ