ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 白砂青松の「奈多海岸」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

白砂青松の「奈多海岸」

印刷用ページを表示する 更新日:1976年7月1日更新

1976年7月号 広報おおいた

白砂青松の「奈多海岸」

説明

夏の奈多狩宿海岸は、澄んだ空気、砂浜に打ち寄せる波、樹齢約370年の老松の見事な枝ぶり、さらさらと足にくずれる白砂の2キロメートルにも及ぶ海岸線。当時、行楽シーズンともなると、待ちかねた若者をはじめ、県下はもちろん、北九州、熊本方面からも涼を求めて30万人近くの人びとがここに集まった。松林にはテントやビーチパラソルの花が咲き、海浜には一日中波に戯れ、砂浜に憩う家族づれの人たちの歓声があふれた。

場所

場所:杵築市

カテゴリー

海・食

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ