ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > “大忙し” ライスセンター
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

“大忙し” ライスセンター

印刷用ページを表示する 更新日:1976年12月1日更新

1976年12月号 広報おおいた

“大忙し” ライスセンター

説明

宇佐市の四日市中央ライスセンター。四日市、八幡、糸口の三つの農協の共同利用施設である。荷受した生もみを乾燥し、もみすり、検査、袋詰めと、一貫作業で処理していく。荷受は稲刈りシーズンの約25日間に集中し、約50日間ですべての作業を完了する。毎日、70~80トンの生もみが持ち込まれるが、当時は兼業農家が増えたため、土曜、日曜日には約180トンが夜遅くまで持ち込まれ、ライスセンターは大忙しであったという。

場所

場所:宇佐市

カテゴリー

食・施設・建物・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ