ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 開通した花月バイパス
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

開通した花月バイパス

印刷用ページを表示する 更新日:1977年2月1日更新

1977年2月号 広報おおいた

開通した花月バイパス

説明

中津市から山国川に沿って日田市へ向かう山あいの道、大石峠をつらぬく延長717メートルのトンネル(奥耶馬トンネル)を新設し、みごとなバイパスが完成した。昭和51年12月23日に開通。中津市山国町から日田市内まで13.5キロメートルの道路である。工事はトンネルを含む花月バイパス(9.2キロメートル)を建設省が、その先の日田市内の藤山バイパス(4.3キロメートル)を県が受けもち両方合わせて53億円の工事費を要した。このバイパスの完成で中津・日田間は車で約20分短縮され、当時は沿線の下毛郡内の町村も含めて、産業、経済、観光、文化の交流などがより一層活発になると期待された。

場所

場所:中津市山国町

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ