ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 温泉熱を利用したスッポンの養殖場
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

温泉熱を利用したスッポンの養殖場

印刷用ページを表示する 更新日:1977年7月1日更新

1977年7月号 広報おおいた

温泉熱を利用したスッポンの養殖場

説明

冷涼な気候とともに豊富な温泉は、由布市湯布院町の産業にとって重要な資源である。昭和52年ごろからは、花木、苗木の栽培をはじめ、ウナギ、スッポンなどの淡水魚養殖が促進されてきた。なかでも、当時は、スッポンの養殖がこれからの産業として有望視され、昭和49年から“湯布院スッポン”の養殖を奨励指導された。自然育成の養殖で商品サイズに達するのに3~4年要するのを温泉熱を利用し約1年で1キログラム前後に成長させ出荷が可能となった。

場所

場所:由布市湯布院町

カテゴリー

食・食・漁業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ